2011年06月28日

食べない健康法

体の調子が思わしくないと

とかく人は何か体によい食べ物を探して食べたりしますね

サプリメントもそうですね


普段の食生活 + 何か体によいもの


と考えます




まぁ

それもいいのですが・・・



でも

食べない健康法というものもあるんですよ

上のプラスに対してマイナスです



現代人はとにかく食べ過ぎの傾向があります

現代病のほとんどが贅沢病と呼んでもいいものだったりします

要するにほとんどの人がカロリーオーバーなんです



食べない健康法に

手軽にできる

プチ断食という方法もありますが

それでも食べないことに抵抗を覚える方もいらっしゃると思いますので

たとえば

胃腸の調子が思わしくない方!

試しに・・・

だまされたと思って

3日間

食事を

おかゆと味噌、梅干しだけにしてみてください

あっ

でも梅干しは本物に限りますよ(梅、赤ジソ、天然塩だけでつくったもの)

はやりの蜂蜜入りとかはNGですよ

それから

スーパーなどに置いてある冷蔵庫に入れなければ悪くなってしまう梅干しもNG

当然ですが・・・



全然胃腸の調子が変わりますよ


posted by JEGO at 22:56| Comment(0) | 健康を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

コーヒークリームというまがい物 〜トランス脂肪酸〜

アイスコーヒーの話題のつながりで・・・

コーヒーにはつきもののコーヒークリームというものがあります



コーヒーを出すお店では必ずついてきますよね

ブラック派の私としてはこれがとても煩わしいのですが・・・(笑)



ところで

このコーヒークリームとかコーヒーフレッシュとか呼ばれるものの成分表って見たことありますか?

あるものにはこんな感じに書かれてます



<原材料> 植物性油脂、カゼインNa、加工デンプン、グリセリン脂肪酸エステル、
      増粘多糖類、pH調整剤、乳化剤、カラメル色素、香料




どこにも生乳(牛乳)とか生クリームとか記載がありませんね



要するにサラダ油と水に乳化剤を加え撹拌させ

乳化させて(白くして)

さらにいろいろな添加物を加えて

足りないコク味を出したり

ミルクみたいな香りをつけるために香料がつかわれ

真っ白な液体をさらにミルクっぽく見せるために色素を加えてます

そういう作り物なんです



技術と言ってしまえば聞こえは良いですが

ただのまがい物です



私の感覚では

どこぞの国のメ○ミン入り牛乳を彷彿とさせます



昨今問題の「トランス脂肪酸」も多く含まれると言います



トランス脂肪酸と言いますのは

その不自然な分子構造から

俗称「狂った油」と呼ばれ

アレルギー体質を引き起こしたり

免疫力の低下を引き起こしたりすると言われてます



その原因は

腸壁や皮膚の細胞膜にトランス型脂肪酸が取り込まれると

本来のシス型脂肪酸と立体構造が異なるため細胞膜の隙間ができ

体に有害なものが入り込みアレルギーなどを引き起こすためだと言われております



トランス脂肪酸が多く含まれている食品というのは

なにもコーヒークリームだけではありません



そもそもトランス脂肪酸というのは

油が熱処理されるときに発生します



何回も使い回される揚げ油や

溶剤抽出法(注)で食用油を製造するとき生成されます(安いサラダ油には注意が必要です)

  (注)溶剤抽出法

  一般に流通している油の製造方法(安価に大量にできる)

  植物に石油系溶剤ヘキサンをかけて脂肪分を溶かし出し
  その後高温・加熱にすることによって
  揮発性のヘキサンは揮発し
  抽出した油のみとなる
  物理・化学的処理(脱臭、精製、漂白など)をして植物油となる
  加熱するためオメガ3を含むものは使用されない

  絞ったカスは脱脂加工大豆や植物蛋白になる
  (高温下、蛋白質がヘキサンで変性の可能性もある)

  高温加熱するためトランス脂肪酸が生成される。

  また石油系溶剤に植物を入れるので
  原料になる植物は
  有機栽培(無農薬・無化学肥料)ということはまずあり得ない



それからマーガリンやショートニング(無塩マーガリン)の製造時

水素を添加するときにも発生します



ですから

市販のスナック菓子や

お総菜や外食(ファーストフードを含む)

市販されているこれらの油を使った食品のほとんどに

トランス脂肪酸が含まれると思って良いかもしれません



近年急増しさらに増え続けている「花粉症」や「アトピー」患者・・・

これは単に杉花粉の飛散量が増えたとか

雑草の花粉が増えたとか

その他アレルゲンの問題とか

そういう問題ではないと私は思うんですよね



現代の私たちの食習慣に問題があるように思います




私たちはいまどのような食事をしているのか

このような食のリスクを減らすために何を心がけなければいけないのか

一度考え直す時期にさしかかっていると思います



自分や大切な人が健康で長く幸せに暮らしていくために


posted by JEGO at 12:05| Comment(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスコーヒー 〜シュガーシロップの作り方〜

アイスコーヒーにどうしても甘みが欲しいという方に

シュガーシロップの作り方です



シュガーシロップはお店でも売ってますが

市販のものはどうしても糖度が低く(※原価を抑えるためです)

そのままでは保存が利かないため

防腐剤や合成保存料が使用されてます



そこで

喫茶店によっては

シュガーシロップを手作りしているところもあります



これからご紹介するシュガーシロップの作り方は

もちろん無添加(ただの糖液ですから・・・)で

とても簡単に作れます

そしてこの分量で作れば

糖度が高いために細菌が繁殖しません

腐敗せず半永久的に保存が利くというものです



このシュガーシロップは

アイスコーヒーだけではなく

アイスティー、パンケーキや料理など用途は広いです

どうぞお試しください



<用意するもの>

・ミキサー

・グラニュー糖  500g

・水   360ml  ※できれば浄水器を通したものかミネラルウォーター



<作り方>

1.ミキサーに水を入れます

2.それからグラニュー糖を入れます

 ※1と2が逆になるとグラニュー糖が固まってミキサーが動かなくなる場合がありますので注意

3.ミキサーをON(5分間)

4.ミキサーを止め、白濁したシロップが透明になるのを待つ(約30分)

5.できあがり




これだけです

シンプルでしょ(笑)

火は使いません



これはあるプロの方から教えられた方法です



ぜひお試しください

posted by JEGO at 10:51| Comment(2) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする