2011年08月10日

結局振り回されただけ?

別にこちらが頼んでやってもらおうとしていたわけじゃなし・・・



いいんでねぇの・・・?

別に無理しなくても。

わざわざ京都まで持っていく意味もありませんから・・・

こちらはこちらでやりますから・・・



それにしても

やるって方向だったのが、

やっぱやらない!って言ったり、

一転やるってなったのが、

結局ダメでした・・・

なんて・・・



ただ、

被災地の人たちを振り回しただけでしたね・・・

振り回された人の気持ちってどんななのでしょうね?



批判はしませんよ。

ただ悲しいだけです。


被災の薪中止の大文字保存会「全員の賛成必要」
読売新聞2011年8月10日(水)19:08

 陸前高田市の薪を燃やす計画の中止を決めた大文字保存会の山本正・副理事長が読売新聞の取材に応じた。

 中止について、「苦渋の決断だった。伝統行事の継承には、会員が一致協力していかないと難しい」とし、会員全員が賛成しない状況では実施を見送らざるを得なかったことを明かした。

 保存会は、大文字山の地権者ら会員46人で運営。普段から親族らも交えて登山道を整備し、送り火前日の15日は麓で護摩木の記帳を受け付け、16日には大文字山の木々の薪や護摩木を山に運んで組み、点火や安全確認などをしてきた。

 山本副理事長によると、薪の受け入れには、一部会員から放射性物質が含まれることを心配する声があったが、約10人の理事らはおおむね賛成。検査で放射性物質が検出されなかった場合は燃やす方向だった。

 しかし、「非検出」の結果を受けて開いた4日の理事会では、会員の声を代弁する形で「作業を手伝う家族や親族らの不安を完全に払拭するのは難しい」「会員で守ってきた行事なので、全員の賛成が必要では」といった意見が出た。議論を重ねたものの、合意までの時間がないとして断念した。

 山本副理事長は「中止すれば批判が出ることはわかっていた。陸前高田市の皆さんには本当に申し訳ない気持ち」と語った。


posted by JEGO at 23:02| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。