2016年10月19日

ビーグル犬くりの天寿

だいぶ以前うちの愛犬くりについて記事を書きました。

くりはうちに来た直後からてんかん発作を頻繁に起こしておりました。

詳細は以下の記事をご覧ください。

2009年12月7日
http://jegotaro.seesaa.net/article/234630780.html?1476875846



くりは、使用した薬がよかったのもありますが、

6歳を過ぎた当たりから大きな発作を起こすことがなくなりました。

2011年4月1日
http://jegotaro.seesaa.net/article/231509692.html?1476875396


発作発症当時主治医から、

「厳しいですが、このような発作を起こす犬は大抵天寿を全うできない」

と言われ、一時は安楽死も考えていたくりでしたが、

今年12歳となりました。


しかし、一週間ほど前から食事を食べなくなり、

一昨日眠るように天寿を全ういたしました。


原因はてんかんではありません。

実は数年前から便に血が混じるようになり、

腸のどこかに腫瘍か何かあるのだろうなとは思っていましたが、

すでに高齢でもあったので、

手術という選択はしませんでした。

おそらく、その腫瘍か何かが原因で消化管が詰まったのかと思われます。


食事も水も摂らなくなったので、

せめてもと、ポカリスエットをシリンジ(注射器)で無理矢理口に含ませたりしましたが、

最後は足も立たなくなり、声も出なくなりました。


それでも亡くなる日の早朝、

絞り出すような声で鳴いてくれました。

その声で目が覚めた私は、

多分これが最後なんだなと思い、

妻と息子を起こし、家族みんなでお別れをしました。

膝の上にぐったりしたくりを抱っこして。


思い浮かぶのは、

あの時もっとかまってあげていたらなぁとか、

もっと優しくしてあげたかったなぁとか後悔ばかり。

忙しさであまり良い飼い主とは言い難かったと思います。


でも最期にくりに、

「ありがとう」「楽しかったよ」「うちに来てくれてありがとう」「愛してるよ」

と言ってあげられたので良かったです。


しかし火葬も済ませ、

くりがいなくなってがらんとしたゲージを見るのはとてもつらいですね。

在りし頃のくりの姿がどうしてもオーバーラップしてしまいます。

でも強くならなくては…。


posted by JEGO at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

アメシロ大量発生・・・ふたたび

今年もまたアメリカシロヒトリの大量発生です。

今年の被害は昨年の比ではなく、

家の中にまでウジャウジャ入ってくる始末・・・



こんなにいっぱいいるのに・・・

なんで「ヒトリ」って名前なの?



・・・とつまらぬ冗談はさておき・・・(汗)



仕事から帰って家に入ろうと玄関の取っ手に手をかけたとき、

上からボタッ!

っと何か落ちてきたと思ってよく見たらアメシロ・・・

ふっと上を見上げたら、

ポーチの天井にアメシロがびっしり張り付いてた!

玄関の横の壁にもアメシロ・・・

郵便受けにもアメシロ・・・



ヒャーーー!!



オカルト映画のワンシーンじゃありませんが(笑)

ものすごかったです。



それも一回や二回じゃなく、連日・・・



そのたびに箒を持って払い落とし

全部ちりとりにまとめて買い物袋に入れ、

買い物袋の中で燻蒸駆除します。

冗談じゃなく一回につき50〜60匹駆除します。



何でこんなにいっぱいいるんだ?



アメシロの天敵

つまりアメシロを捕食しているのは



スズメバチ

クモ

トンボ

スズメ

などだそうですが



スズメバチの発生も今年は多かったようですが、

いくらアメシロを食べてくれてもスズメバチだけは勘弁です。



そういえば

今年もトンボをあまり見かけませんでしたね。



私は岩手県奥州市というところに在住しておりますが、

夏の間はついに一匹も見ませんでした。

最近になり2〜3匹車トンボが飛んでいるのを見ましたが、

私が子供の頃なんて、

夏休みとなると空一面トンボだらけだったものです。

圧倒的に少ない・・・



人間はアメシロなど害虫をみると

すぐに薬(殺虫剤)を使いたがる。

大きな機械でスミチオン(500〜1000倍希釈)をブワーっと一気に撒きます。



もちろんアメシロは死んで地面に落ちます。

それと同時にアメシロを食べにきていたほかの益虫も死にます。

地面に落ちたスミチオン漬けのアメシロの死骸はスズメのえさになります。

それを食べたスズメは無事では済みません。



おそらく死にます。



ところが・・・

アメシロの繁殖力といったらクモやトンボやスズメの比ではありません。

生き残ったアメシロたちは次の年また大量発生しますが、

同じく数を減らしてしまったトンボやスズメはなかなか増えてくれることはありません。

そうこうしているうちに

また薬剤散布がおこなわれ・・・



天敵のいなくなったアメシロたちは年を追うごとに被害の規模を大きくしていくということです。



このままでいくと、

来年はもっと被害は大きくなるかもしれませんね。



何とかこの悪循環から抜け出す方法はないものか調べてみました。

アメシロを大量発生させないためには

早期発見、早期駆除

もしくは最初から寄りつかないように忌避材散布などの予防につきるようです。

5月頃から始めます。

対処が遅れると

今頃の秋の季節にはアメシロも大きくなってしまって、

薬を使うにもかなり強いものではなければ効かなくなってしまいます。



使う薬剤も

できれば化学薬品ではなく、

除虫菊やローズマリーなどハーブを使ったものを使いたいですね。

自分で手作りします。

これだと、殺虫成分は2〜3日で分解してしまい、

有毒成分が葉や木や地面にいつまでも残ることはありません。



化学薬品は殺虫効果は大きいですが副作用も大きいです。

人体にも無害ではありません。



有益な細菌(乳酸菌・酵母菌・光合成菌など)を集めた

「EM(イー・エム):有効微生物群」の庭や木々への散布も

植物の自力を強くし(生命力を高め)、

アメシロの忌避効果も認められるとのことです。



それから、

石けん液(泡立つくらいの)をアメシロにスプレーすると

アメシロは窒息死するとの情報もあります。



いずれにしても、

我が家での対処は来年以降となり(今年はもう遅い・・・汗)、

来年の春まで対策を練ろうと思います。

殺虫剤は使わない方向でまずやってみようと・・・



庭や木や作物にEMやストチュウ(酢、焼酎などで作った手作り除虫材)を散布するために

動力噴霧器も買う予定です。

ちょっと懐が痛いが・・・楽しみです。



トンボ!

スズメ!

よみがえれ!

posted by JEGO at 15:51| Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

中途半端な善意

成田山に抗議電話100件 陸前高田の松、おたき上げ

2011/08/16 17:59 【共同通信】


東日本大震災の津波で流された岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」の松の木を、9月25日のおたき上げで燃やすと決めた千葉県成田市の成田山新勝寺に、抗議の電話が約100件寄せられたことが16日、分かった。

新勝寺によると「放射性物質が心配なので、燃やさないでほしい」などといった、健康被害を不安視する匿名の抗議が大半。「供養のため」と、受け入れを支持する意見もわずかにあった。

また、成田市と千葉県にも抗議の電話やメールがそれぞれ約20件ずつ寄せられたという。

新勝寺は2カ所の検査機関に依頼し、微量でも放射性物質が検出された場合は、おたき上げに使わない方針。





このことに関して抗議されている方にお聞きしたいのだが・・・、

千葉と岩手でどれだけの汚染度の違いがあるのですか?

千葉だけは非汚染地区だとでも言いたいのでしょうか・・・?

今さら・・・



それはともかくとして、

我々としては、

みんなに迷惑がられてまで、

わざわざ京都や成田くんだりまで松を持っていって

供養してもらいたいとは思っておりません。



そもそもこれらの話は、

そちらの方から持ちかけられたものではないのですか?



それをさも我々がそちらに薪を押しつけているように思われている方もいらっしゃるようだ。



中途半端な善意はかえって被災者たちの心を傷つけます。

傷ついた被災者の方たちの心情をお察しください。



途中で話を翻すなら

最初から関わるな!

どうせ半端な覚悟しかないんだったら。

posted by JEGO at 23:30| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。