2011年07月27日

流派?

合気道は先生の教え方の違いで、

何種類かの流派があります。

元は植芝盛平先生(合気道開祖)の合気道ひとつだったんですがね。



因みに

合気道のルーツのひとつである古武道の大東流合気柔術という武術があります。

大東流は大東流のはずですが、

最近では大東流の中にも合気道と名乗る団体も出現しております。

なんかややこしい事になってます。

そして

素人が型だけを見れば見分けがつかなかったりするんですよね。



まぁ・・・どうでもいいことですが・・・



合気会の中にも、

なぜか「○○流」と自ら名乗るグループがあります。

 ※この間たまたまその道場のサイトを発見して不思議に思っているんです・・・

  本部はこのことを承知しているのだろうか・・・



前は「○○スタイル」と呼んでいたんですが・・・。

○○スタイルを教えていた偉い先生の息子さんが、

合気会から独立して「○○流」と名乗り

別の合気道の団体を立ち上げたものだから、

合気会の中で○○スタイルを尊ぶグループの方たちが

道場のサイトなどで「○○流」を名乗っているのです。

そして「○○流」の名目で道場生の募集をかけたりしている・・・

自分たちは合気会に所属しているにもかかわらずですよ!

「○○流」は合気会とは別の団体です。

合気会所属の道場が

「○神館」や「○の研究会」を名乗ればその方たちはヘンだと思うだろうに、

自分のとこの違和感には気づいていない。

それがステイタスだとさえ思っている。



まぁ、

あえて名指しはしませんが・・・





故斉藤守弘先生(合気会九段)のビデオを観ています。

そしてこの間

その「○○スタイル」をとる道場のH先生の講習会へ参加したときも思ったのですが、

参加した私たちがいつも道場で厳しく教えられていることと、

同じ事をおっしゃっているんですよね。



ただ・・・

数ある参加者の中には、

先生が教えられていることと全く別のことをやっている人もいました。

その先生が直接教えられている生徒さんの中にもいましたねぇ・・・。



○○スタイルの方たちから見れば我々は「本部系(?)」と呼ぶらしいですが・・・(笑)

合気道には「○○流」も「○○スタイル」も「本部系(?)」も無い。

合気道はひとつだということを再認識しました。

あとはそれを受け止める側のレベルの問題です。



「○○流」「○○スタイル」「本部系」などと型にとらわれているうちは、

ダメですね。

まぁ、これもどうでもいい話ですが・・・



いつも多田宏師範(合気会九段)をはじめ、うちの道場の菅原師範がおっしゃるのは、



「うちの道場でしか通用しない合気道は私は教えない。

もし仮に事情があってその人が別の道場に行くことになっても、

たとえどこの道場に行ったとしても通用する合気道を私は教えている」




つまり

合気道の「型」だけを見るならば、

流派の存在もあり得るが、

合気道の「法則」はすべてにおいて共通します。



私たちは合気道の「型」を稽古しているのでない。

「法則」を稽古しているのですから・・・。



それを自分で認識できるかどうかですね。

posted by JEGO at 19:53| Comment(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

今日の稽古は?

私は仕事が終わらず行けませんでしたが、

カミさんと息子が稽古に行ってまいりました。



今日の稽古は、

二人掛けの稽古だったようです。



両手を諸手取りで二人に持たれたときの投げ技。

1.四方投げ。

2.呼吸投げ・・・同時に一人を前に、もう一人を後ろへ投げる。



前方の一人に両手取り、

後方の一人に後ろ両肩取りされたときの投げ技。

1.前方の一人を後方(左か右後方)へ呼吸投げすると同時に、
  後方の両肩を持っている一人を前方へ呼吸投げ。



一つ一つの技ができてはじめて

二人掛けもできるのですが、

・・・ちょっと頭の体操も含まれますので、(笑)

若い息子はすぐに要領を得たようですが、

カミさんはちょっと手こずった模様・・・。(笑)



最後に座りの呼吸法

持たれたときのパターンによって

バリエーション数種・・・



家で一緒に復習しました。

家族で稽古しているとこれができるからいいです。(^^)



posted by JEGO at 00:01| Comment(2) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

多田塾奥州道場 多田宏師範(合気会九段)特別講習会要項

このたびの東日本大震災におきまして、
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
ご遺族の方々、そして被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて当道場は、
代表菅原美喜子が多田宏師範に師事いたしましたことから
「多田塾」の名を拝して、
平成17年より岩手県奥州市を中心に活動しており、
この師弟の縁により、
多田宏師範をお迎えし直接ご教授いただく、
毎年一回当道場にお招きし、特別講習会を開催してまいりました。

今年も下記の通り、
9月10日・11日(土・日)の二日間にわたり開催いたします。

この特別講習会は、
多田宏師範の講習を受けられる東北地方では唯一の貴重な機会でございます。

呼吸法による気の錬り方にはじまり、足さばき、基本技から応用技という内容となります。

多田宏師範は現在、
財団法人合気会九段、
合気道多田塾主宰、
合気会本部師範、
イタリア日本伝統文化の会主任教授兼副会長、
国際合気道連盟委員、
早稲田大学合気道会名誉師範、
東京大学気錬会師範などの要職を兼任されており、
毎年イタリア、スイスなどの海外訪問指導も行っておられます。

ぜひ皆様お誘い合わせの上、
初級者の方から有段者の方まで遠慮なくご参加いただければ幸いに思います。

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。



   ビックリマーク 要 項 ビックリマーク

<日  時>
1日目 平成23年9月10日(土) 14時〜17時 受付13時〜
2日目 平成23年9月11日(日) 10時〜13時 受付 9時〜


<場  所>
いきいきスポーツランド 体育館2階武道場
(岩手県奥州市前沢区字阿部舘27−1)
   

<交通案内>  
電車 最寄り駅 
 JR東北新幹線 水沢江刺駅(駅からタクシーで約20分)
 JR東北本線  前沢駅(駅からタクシーで約5分)
  *人数がまとまれば送迎可能、要問い合わせ


<参 加 費>
1日だけ参加     3,000円
両日とも参加     5,000円
 *参加は高校生以上といたします。


<懇 親 会>
10日講習会終了後、ホテルプラザイン水沢にて、多田師範を囲み懇親会を行います。
(飲み放題・5,000円)


<宿  泊>
ホテルプラザイン水沢 一泊 5,250円(シングル/朝食付)
*申し込み多数の場合、近隣の宿泊施設をご用意させていただく場合もございます。


<申込方法>
各道場まとめて参加申込書に記入し、郵送またはメール、ファックスでお申し込みください。
 *参加申込書ご希望の方は下記連絡先までご連絡ください。折り返し送付いたします。


<申込締切日>
8月31日(水)
*尚、宿泊ご希望の方は8月13日(土)までにお願いいたします。
      

<支払方法>
当日受付でお支払いください。なお、直前キャンセルの場合、
ホテルのキャンセル料が掛かる場合がありますのでご了承ください。


<連絡/問い合わせ>
菅原美喜子(奥州道場代表)
 〒029-4202 岩手県奥州市前沢区白山水の口70
 :080−5695−9129
 Fax:0197−56−5257 
 E-mail: aiki-oushu@hotmail.co.jp
 URL: http://www.tadajukuoshu.com


*変更がある場合、メールまたは電話ですみやかにご連絡ください。
*当日、杖、木刀、国際有段者証を忘れずにお持ちください。
*稽古中のビデオ、写真等の撮影は禁止とさせていただきます。

posted by JEGO at 16:41| Comment(0) | 合気道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする