2010年11月03日

秋の酵素 〜酵素を手作りする〜

最近、巷で話題になっている(?)


酵素を手作りしました


今は秋ですから


秋の旬の野菜、果物、木の実、野草などを数十種類、つけ込んで作ります



※作り方は後ほど





ところで酵素って何だ?


という人のためにちょっとご説明を・・・




生命活動には酵素は欠かせません


人間の体内で生成される酵素もありますが


人間に必要な酵素の大部分は食物から摂り入れなければなりません


ところが多くの酵素は熱や酸に弱かったりして


調理方法によっては


酵素が破壊され


せっかくのおいしい料理でも酵素の少ない食物となったりします




外部から酵素を摂り入れられなかった場合どうなるか・・・


そのときは人間の体内にある酵素が使われます




失業したとき、それまでこつこつと貯めた貯金で生活するようなものですね(苦笑)




でも貯金・・・つまり体内にある酵素にも限りがあります


体内の酵素が欠乏したときどのようなことが起こるかというと


胃腸内での消化がうまくいかなくなり


未消化で腐敗した物質が血液中に流れ出します(毒性です)




その結果免疫力が下がり





身体の臓器や大事な器官に支障が生じます


風邪を引きやすくなったり


ガンやその他諸々の病気にもかかりやすくなります


さらに細胞の老化は進み


肌荒れ、しわ、シミ、吹き出物・・・などなど引き起こします




ジャンクフードと呼ばれる食品、


カップ麺などインスタント食品、


コンビニ弁当やおやつ


どれも酵素レス食品です


これらを消化するために体内の大事な酵素は消費されます




自然の酵素を摂取するには


果物や野菜を生で食べるのがよいといいます


でもそれも毎回の食事となるとなかなか難しいことです


そこで手作り酵素の登場となるわけです


数十種類の野菜、果物、野草、野草の根、木の実など身の回りにあるものを手当たり次第に


刻んで樽に材料の1.1倍の量の上白糖でつけ込みます


具材の持つ酵素を浸透圧で抽出するのだそうです




砂糖?


・・・そうです白砂糖で漬けます


白砂糖じゃなければうまくいかないそうです




よく「白砂糖の害」というものを耳にしますが


手作り酵素の場合、


つけ込んでいるうちに


上白糖(しょ糖)はブドウ糖に分解され


砂糖の害は出にくくなるそうですのでご安心を



作り方はこちらのページをご参考にしてください ↓

http://www.tokyo-sotai.com/koso.html



そのほかにもいろいろな作り方があります


こちらの動画もご参考にしてください

秋の酵素の作り方 その1


この動画のように材料を60種類そろえるなんてなかなかできませんが、



20〜30種類でもいいそうです



秋の酵素の作り方 その2(具材の切り方)




今回私は初めて酵素作りに挑戦でしたが、


うまくいったのか、いってないのかわかりません(汗)


でも、飲み続けてみて


飲んだのと、飲んでいないのとじゃ体調が全然違います




市販の酵素を購入するとなると


結構な値段がします




※ワインのフルボトルサイズ(約0.7リットル)で6,000円 〜 12,000円位也




今回私が作ったものは、


材料をそろえるのに産直やスーパーなどを利用したために5〜6千円かかりましたが


1.5リットルのペットボトルに約10本できました


加減がわからなくて・・・ははは・・・


作りすぎて、売るほどあります




これを


春の酵素作りの時までに消費します(汗)




興味を持たれた方は


是非チャレンジしてみてください



おすすめです

posted by JEGO at 00:44| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

呼吸法の補足

前回、呼吸法の紹介をいたしましたが、

呼吸法の効果は、肉体的なものだけではありません。

気持ちの切り替えにもとても有効です。


なんか気持ちがもやもやするとき、

いらいらするとき、

呼吸法をやると、

パッと気持ちが切り替わるのがわかります。


あと、

信じない方はそれでもいいのですが・・・、

霊的に憑依されたなと感じたときなども効果があります。

憑依されたなと感じるときというのは、

だいたいが自分自身の精神のレベルが下がっているときです。

だから、似たようなレベルのものが寄って来るんです。
(ことわざで「類は友を呼ぶ」と言いますね)

そんなとき一番なのは、自分の精神のレベルを上げること。

正しい呼吸法は、自分の精神のレベルを一気に引き上げてくれます。


あと、合気道もいいですよ。

敏感な人はやってみればわかります。

変なのが寄ってこなくなりますから。

とても快適です(笑)。


どうぞお試しください。(^o^)/~~~
posted by JEGO at 00:25| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

簡単な呼吸法3 〜心と身体は表裏一体〜

身体が何となく調子が思わしくないときは、

気持ちもまた暗く沈みがちです。

逆に、

何かショックな出来事や怒りを覚えるような時は、

心臓がトカトカしたり、

胃が痛くなったり、

顔が真っ赤に熱くなったりしますね。



このように人間の心と身体は常に影響し合っています。



ある実験で、

怒っている人の息を集めて液体にしたものを、

マウスに注射したら、

そのマウスはすぐにご臨終になったそうです。



毒蛇や毒虫は外敵から身を守るために、

自分の身体に毒を持っていますが、

人間もまた、

怒りや恐怖で自分の体内に猛毒を発生させるんです。

それが様々な病気の原因となります。



ある人は、

この世の病気の99%は、

人間の体内の毒によるものだと言いました。

体内の毒素により人間の免疫力が下がり、

様々なウイルスに感染しやすくなったりするのだそうです。



仏教では

欲の心、怒りの心、妬み(嫉み)の心を、

三毒の煩悩と教えているそうですが、

まさに毒そのものなのですね。



そのほかに、

化学薬品や食品添加物などの毒もあり、

世の中には毒があふれかえっています。



最近、

デトックス(排毒)が注目されております。

デトックスの方法も様々ですが、



ここでは呼吸法による清めの方法を紹介します。

とてもかんたんです。



うちの合気道の道場で稽古前に行われる呼吸法の一つなのですが、

第二次大戦中、アメリカで敵軍の塩素ガスなど毒ガスにやられた自国の兵を治療するとき、

行われた呼吸法でもあるそうです。



アメリカはいいと思ったものはどんなものでも、

どんどん取り入れるというスタンスで、

戦前から、

ヨガなど東洋の秘術にも注目し、

インドからわざわざヨガの行者を招いたりして、

研究を続けていたんだそうです。



1.まず臍下丹田(さいかたんでん:へそのした)に両手を当てます。

2.フーッと息を吐き、

3.鼻からおなかをふくらますように息を吸います。

4.唇をフルートを吹くときのような形にして、「フィー、フィー、フィー、フィー・・・」と
  (フィーとフィーの間には決して息を吸わないこと)息を吐き続け、
  
5.最後に「ハー」と胸と腹の中の息をすべて吐ききります。

6.息をおなかと胸一杯に吸い、

7.今度は口を「○」の形にして、「ホーーーー」と吐きのばすように息を吐ききります。

  ※7は、無声の気合いです。
  「エーイ!」と声を出して気合いをかけてもいいです。・・・近所迷惑でなければ(笑)


こういったヨガなどの秘術はインドだけではなく、

日本にも古くから伝わっているものもあるんですよね。

先日紹介した「丹田呼吸法」もまた清めの効果がありますのでどうぞお試しください。


posted by JEGO at 00:02| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする