2011年08月10日

結局振り回されただけ?

別にこちらが頼んでやってもらおうとしていたわけじゃなし・・・



いいんでねぇの・・・?

別に無理しなくても。

わざわざ京都まで持っていく意味もありませんから・・・

こちらはこちらでやりますから・・・



それにしても

やるって方向だったのが、

やっぱやらない!って言ったり、

一転やるってなったのが、

結局ダメでした・・・

なんて・・・



ただ、

被災地の人たちを振り回しただけでしたね・・・

振り回された人の気持ちってどんななのでしょうね?



批判はしませんよ。

ただ悲しいだけです。


被災の薪中止の大文字保存会「全員の賛成必要」
読売新聞2011年8月10日(水)19:08

 陸前高田市の薪を燃やす計画の中止を決めた大文字保存会の山本正・副理事長が読売新聞の取材に応じた。

 中止について、「苦渋の決断だった。伝統行事の継承には、会員が一致協力していかないと難しい」とし、会員全員が賛成しない状況では実施を見送らざるを得なかったことを明かした。

 保存会は、大文字山の地権者ら会員46人で運営。普段から親族らも交えて登山道を整備し、送り火前日の15日は麓で護摩木の記帳を受け付け、16日には大文字山の木々の薪や護摩木を山に運んで組み、点火や安全確認などをしてきた。

 山本副理事長によると、薪の受け入れには、一部会員から放射性物質が含まれることを心配する声があったが、約10人の理事らはおおむね賛成。検査で放射性物質が検出されなかった場合は燃やす方向だった。

 しかし、「非検出」の結果を受けて開いた4日の理事会では、会員の声を代弁する形で「作業を手伝う家族や親族らの不安を完全に払拭するのは難しい」「会員で守ってきた行事なので、全員の賛成が必要では」といった意見が出た。議論を重ねたものの、合意までの時間がないとして断念した。

 山本副理事長は「中止すれば批判が出ることはわかっていた。陸前高田市の皆さんには本当に申し訳ない気持ち」と語った。


posted by JEGO at 23:02| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

ゲリラ・ライヴ?・・・いやゲリラ・ライウ(雷雨)でした

今日の雷・・・

すごかったです・・・



いや・・・マジで・・・(笑)



今日昼から夕方にかけてテレビで映画を観ていたんです。



夕方四時頃になって

外でゴロゴロ言い始めました。



ゴロゴロ言っているな〜と思っていたら・・・

いきなり室内の南側の出窓においてある金属のワイヤーのラックが、

バチバチバチ!

って火花を散らしたんです。

電線がショートするようにです。



その直後(間髪おかずに)

ドドーン!

と落雷。

すごい音でした・・・。



最初のバチバチバチ!は、

地面から発生する電流(静電気)だと思います。

その電流に誘われて雷が落ちるのだと何かで観たことがあります。



最初はうちに落雷したのかと思いました。

でも、

つけていたテレビはそのままついてましたし、

うちじゃなかったようです。

うちの近くには違いないようでしたが・・・。



それにしても、買ったばかりのテレビは無事で良かった・・・。(笑)

コンセントに雷サージつけてましたしね・・・。



一体どこに落ちたんだろう。

と思っていたら、

そのあとものすごい豪雨。



ここしばらくまとまった雨って降って無かったので、

ゲリラ豪雨でしたが、

恵みの雨でした。



雷は龍神様の働き。

雷は大気とその土地を浄化してくれる働きがあるそうです。

そして雷の落ちた地域はその年豊作になるのだとか・・・。

汚れた大気と土地をニュートラルに戻してくれます。



実は私、子供の頃から雷を怖いと思った事って無いんです。

逆に、雷が鳴るとなぜか心が落ち着くんですよね・・・。



世の中に怖いものと言ったら昔から・・・

地震・雷・火事・オヤジ・・・

そのうち、雷は好きです。(笑)



地震・・・3月と4月にものすごいの・・・ありました。

雷・・・今日のはすごかった・・・

火事・・・あって欲しくない!火の用心!

オヤジ・・・実は私?・・・だったりして・・・(笑)



今年はいろいろなことがいっぱいあります。



悪いこともたくさんありましたが、

いいこともまた、いっぱいいっぱいあります。

世の中まだまだ捨てたものじゃない!



元気を出して、

明日からの毎日を楽しみます!

posted by JEGO at 23:43| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射線からの身の守り方 1.

日本中が今このような状況の中で、


私たち・・・特に東日本に住む人たちは、


放射能から100%身を守るすべはもはや無い


・・・と思っていた方が正解かもしれません。


外部被曝・・・


内部被曝・・・




もちろんこれらの被爆を最小限に済ませるよう各人の工夫が必要となりますが、


これからの放射能から身を守るすべは、


体の中に取り込まれてしまった放射性物質を、


いかに早く体外に排出させるかが大事なポイントになると思います。




仮に体内に取り込まれてしまっても、


放射能の害を最小限に食い止めようという考えです。




まずひとつ目は、


放射線と身近に接している放射線技師さんのお話。


なにぶんソースが古いので、


現在の放射線技師さんはどのようにしているのかは分かりません。


現在は技術も安全対策も進んでいるのでしょうし、


技師さんの被爆はあり得ません・・・なんてお話にもなっているかもしれません。


もしかしたらね・・・。


よくわかりませんが・・・。


でも、これは参考になるお話だと思います。




放射線技師さんはやはりご自身も被爆するんだそうです。


それで仕事をするたびに元気がなくなり、


全身を叩かれたような疲労感が襲い、


顔色も優れなくなったりするんだそうです。


いわゆる「レントゲン・カーター」と呼ばれる疾病です。


放射線技師さんの職業病とでも言うのでしょうか・・・。




そんなとき放射線技師さんたちはどうするのかというと、


とても簡単な方法でその症状が回復するんだそうです。


それは・・・


生理食塩水より少し塩分の濃い食塩水を飲む


のだそうです。


簡単に言うと、


「自分の涙や汗よりも少ししょっぱい食塩水を飲むんです」




これは私も実践してます。


ちょっと体がだるいな〜と感じた時、飲むようにしてます。


効きますよ。




中には


え〜?!塩水〜?!


うぇ〜!(笑)


という人もいらっしゃるかもしれません。(笑)


そんな人は麦茶などに同程度の塩を溶かして飲んでも良いです。




塩はもちろん天然塩!


精製塩では効果は「?」です。


やはり自然からとれたものが一番です。


しつこいようですが・・・(笑)




この方法は


今は必要性を感じていらっしゃらなくても、


覚えておかれて損はありませんよ。


posted by JEGO at 02:19| Comment(0) | 放射能から身を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。